セックスは儲かる――だが一部の客は、親密な繋がりを頼りに孤独をやり過ごしている。

約2200万人のアメリカ国民同様、性風俗業界でも大勢の人々が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで職を失った。31歳のアリッサもその1人だ。彼女はネバダ州パーランプにある売春宿Sheris Ranchで10年働いてきた。パーランプが位置するナイ郡は、売春が厳しく規制されつつも合法化されている、アメリカでも数少ない郡のひとつだ。

売春宿が店を閉めたため、アリッサはどうにかして仕事をオンラインにシフトさせなくてはならなくなったが、風俗業で働く多くの人々にとって、言うは易く行うは難し。職を失った多くの同業者同様、彼女もまた風俗チャットプラットフォームに押し寄せるセックスワーカーたちとの競争を余儀なくされ、そこまでセックスワーカーに厳しくない少数のソーシャルメディアで売り込みに励んでいる。

12歳の娘を持つシングルマザーのアリッサは、毎月週1でSheris Ranchで働いていた。職場の方針で、給料や「パーティー」(彼女の店では、顧客とのセッションをこう呼ぶ)1回当たりの報酬について話すことはできないが、ここ数カ月間での収入はだいたい2万5000ドル弱。だがそれも3月18日、ネバダ州で自宅待機命令が出されて店が閉まるまでのことだ。

アリッサはGFEも得意としている。GFEとはGirlfriend Experience、つまり疑似恋人体験のことだ。内容は様々だが、一般的には通常より親密度の高いサービスを提供するセッションのことで、たいていはキスやハグ、長い会話などを伴う。そうしたサービスのために、彼女はSkypeとFaceTimeで「バーチャルデート」を提供するようになった。本人曰く、自分のやり方はその他大勢のセックスワーカーとは違い、ビデオ通話や動画の販売、その他性的サービスは提供していないそうだ。ほとんどの顧客はおしゃべりをしたり、Netflixを一緒に見たり、パンデミックの不安を分かち合いたいだけなのだ。彼らは何よりも、自宅隔離中に人との繋がりや親密さに似たものを求めている。

・コロナの影響で収入が激減したと語るアリッサ(写真)

ローリングストーン誌はアリッサにインタビューし、Skypeデートについて、GFEについて、そしてCOVID-19の時代にオンラインに移行している合法セックスワーカーの悩みについて聞いてみた。


GFEを始めた理由
(インタビューは一部割愛、編集しています)

私は疑似恋人体験を専門にしています。それが何を意味するかは人によって様々ですが、私の場合はより親密に、感情やセックス前後の心の繋がり、その間のあらゆることを共有出来る体験だと捉えています。通常1泊コースの場合は、ゆっくり時間をかけます。暖炉のそばに座って、一緒にお酒を飲んで、ディナーを食べて、映画を見ます。前戯もたっぷり時間をかけます。普段のパーティーでは、すぐにセックスに直行します。

GFEに興味を持つ人は、少なくとも私の場合は、たいてい妻を亡くした方や童貞、年配の方々です。奥さんを亡くした後、真剣な恋愛関係は望んでいないものの、リアルな繋がりや何か深いものは欲しい、という方々です。

最初に新型コロナウイルスのことを耳にしたのは、2月に中国で騒がれていたときだったと思います。利用客には世界各地からの観光客も大勢いるので、心配になった従業員もいました。でも普段から十分予防対策をとっていましたから――漂白剤や、もちろん避妊具もたくさん使っています――そこまで心配ではありませんでした。3月18日にネバダ州が不要不急の仕事を休業させると、うちも店を閉めました。

店が休業した後、真っ先に頭に浮かんだのが、バーチャルデートをやってみたらどうだろう、ということでした。私自身もセラピストと(ビデオ通話を)しているし、私たちもセックスセラピストなんだから、自分たちの客とも出来るんじゃない?って思ったんです。それでこの2週間、SkypeやFaceTimeで始めました。おしゃべりしたり、料理したり、何気ない会話をするだけです。セックス方面のことを頼まれることもありましたが、断っています。その方がもっと稼げますが、それだとセクシーで性的に魅力的だけど、押しは強くない隣の家の女の子という、普段の仕事での役回りと同じになってしまうんです。そういう役回りを演じるのがうまい子はいっぱいいると思いますし、私の専売特許でもありません。あとは録画されるのが心配で、こういうものがインターネットに上がるのはあまりいい気がしませんし、動画を勝手に盗用することも出来てしまいます。娘のためにも、カメラの前で性的なことをしている姿は見られたくありません。話したり、法的な面もあるのだと教えることについては気にしていませんが、見られたくはありません。


不安を拭い、慰める心遣い

料金設定はしていません。CashAppやVenmoなどの決済システムでチップや心付けを送金していただいたり、私のウィッシュリストから贈り物を購入していただいています。新型コロナウイルスの前は服や靴などの職場で身に着けるものでしたが、今は空気清浄機や清掃用品ですね。Kohlsや近所の食料品店のギフトカードというときもあります。いわゆる生活必需品です。4桁の報酬を払ってくださった方もいました。メールのやり取りを含む1カ月間の契約を結んだからですが、今のところそれが最高額ですね。

どこも同じだと思いますが、この業界も人があぶれています――今は失業したセックスワーカーが大勢いて、触れることも出来ないので、自分を差別化したり、人との繋がり方を模索するのは大変です。会話を通して相手がどんな話を聞きたいか、どんな助けを求めているかを探らなければなりません。たいていはお酒やワインなどを飲んで、おしゃべりするだけです。食事中なら、何を作ったのかと尋ねます。相手がデリバリーやPostmateを希望したら、同じものを注文して一緒にディナーしている気分になります。

何度か(お客さんと一緒に)コロナの話もしました。腫物に触るような話題ですよね。でも同時に、相手がそのことを考えずに済むように、そういう話題が持ち上がったら直ぐに話題を変えるようにしています。気を紛らわせる方法や、健康的でいる方法、元気になれる方法など、もっと明るい話題で心を満たしてあげられるように。仕事がどれだけ大変か、なのに残業代が出ない、という話を彼らはします。ニューヨークでライフラインに携わる仕事をしている方が1人いて、すごく怯えていました。私もできるだけ慰めようと、大丈夫、仕事に集中しましょう、恐怖にあまり気を取られないで、と伝えています。

コロナの影響で収入は激減しました。この先数カ月は計画的に、賢くお金を使っていくしかありません。最終的には、CARES法[コロナウイルスに伴う経済救済法]の自営業枠に申請出来るようになるんじゃないでしょうか。中小企業枠からは漏れてしまっていますが、私の知る限りでは失業保険には申請出来るはずです。合法セックスワーカーとしてかなりの額の税金を払っていますし、この10年間相当の額を収めて来ましたから、何らかの見返りは得られてしかるべきだと思います。

10年間、今の職場以外で働いたことがないので、未経験の私が他の場所で働くのは大変でしょう。私たちのような人々も喜んで雇ってくれるようになってくれれば良いんですが、どうでしょうね。外に働きに出て、スーパーとかで働くことも考えましたが、外に出て感染して、子供の待つ家に帰るのは怖いです。それに家に娘を残すのもあまり気乗りがしませんし、スーパーの給料ではベビーシッターを雇う余裕もありません。なので今は様子見の状態です。




アリッサ(Photo by Dydasco Photography)