辺野古座り込み20人強制排除 工事車両25台基地内へ 一時渋滞も 海上でも抗議続く

辺野古座り込み20人強制排除 工事車両25台基地内へ 一時渋滞も 海上でも抗議続く



 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で21日、工事車両の搬入を止めようと約20人が米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込んだ。午前9時ごろ、機動隊が座り込む人たちの体をつかんで強制排除し、生コン車やクレーン車など25台が基地内に入った。工事車両が全て基地内に入るまでの約10分間、国道329号では一般車両が約30台並び渋滞した。



 大浦湾海上では、基地建設に反対する人たちが抗議船3隻、カヌー13艇を出して抗議した。【琉球新報電子版】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

16時06分更新

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索