比嘉、世界王者に 県出身25年ぶり ボクシングWBCフライ級

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチは20日夜、東京の有明コロシアムで行い、同級1位の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム、宮古工高出、浦添市出身=が、前日の計量で制限体重を超過して王座を剥奪された「前王者」のフアン・エルナンデス(30)=メキシコ=を6回2分58秒で倒し、新王座に就いた。県出身の正規王者としては平仲信明氏(53)以来25年ぶり、暫定王者だった江藤光貴(29)=現役=を合わせると9人目の世界チャンピオン誕生となった。 比嘉は戦績を13戦13勝(13KO)と伸ばし、日本人初のパーフェクトレコード(全戦KO勝利)による世界王者となった。所属ジム会長の具志堅用高氏(61)が1976年に世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級に勝利し、県出身初の世界王座に就いた21歳と同じ年齢でのタイトル獲得となった。フェルナンデスの戦績は37戦34勝(25KO)3敗。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

13時00分更新

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索