モンステラ、緑鮮やか 伊江・並里さん 夏生産、ピーク

モンステラ、緑鮮やか 伊江・並里さん 夏生産、ピーク



 【伊江】花束や観葉植物として人気のモンステラの栽培が盛んな伊江村で、夏場の生産がピークを迎え、栽培農家は出荷作業に追われている。

 伊江村のモンステラの出荷は県内シェア約75%を占め、2016年4月に県の農林水産戦略品目として拠点産地に認定された。

 23年間にわたりモンステラ栽培を営む西江上区の並里末男さん(58)の平張りハウスでは、生き生きした葉を収穫するため午前中の涼しい時間帯に収穫し、2、3時間ほど水あげをしてから選別し、サイズごとに箱詰めして出荷する。

 並里さんは「気温が高くなる夏場は成長がピークになる。1日も休めないよ」と汗を拭きながら話した。妻の寿代さん(58)は「栽培作業は大変だが、80歳を過ぎるまで頑張りたい」とやる気を見せた。

(橋口美奈通信員)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索