「起こるべくして起こった」 知事、オス豪州墜落で

「起こるべくして起こった」 知事、オス豪州墜落で



 翁長雄志知事は5日にオーストラリア東部の海上に米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落したことを受け7日午前、「起こるべくして起きた。とんでもない飛行機だ」と語った。登庁時、記者団の質問に答えた。 2015年にはハワイで、昨年12月には名護市の安部沿岸部に墜落するなど事故が相次いでいることについて「日本政府が当事者能力を持たず、原因究明などに何も言えないことが今のような状況になっている」と政府の対応を批判した。

 県は7日午後に外務省沖縄事務所の川田司沖縄担当大使、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長を県庁に呼び、事故に抗議する。

【琉球新報電子版】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索