神様が降臨する大アカギ 内金城嶽で願い事

神様が降臨する大アカギ 内金城嶽で願い事



 きょう7日は立秋。夏至と秋分の間にあり、秋の気配が訪れるころとされる。那覇市首里金城町の内金城嶽(うちかなぐすくたき)には、国の天然記念物に指定されているアカギの木があり、暑い日差しが降り注ぐ中、そこだけ木陰をつくって涼感を漂わせている。

 旧暦の6月15日に当たる6日は、神様が降りてくれるという言い伝えがあり、アカギの前には早朝から観光客や地元の人たちが多く訪れた。

 那覇市に住む古波蔵直恵さん(36)と宮里美土里さん(40)は「去年の願い事がかなったので、今年はお礼に来ました」と笑顔で話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索