世界遺産登録へ 南山城の謎解明 糸満で研究会発足

世界遺産登録へ 南山城の謎解明 糸満で研究会発足



 【糸満】南山城跡の世界遺産登録を目指す勉強会「南山の歴史研究会」が7月21日、糸満市生涯学習センターで発足した。研究会の代表を務める琉球歴史伝承研究所代表の伊敷賢さん(67)=糸満市=が南山の全体像について解説した。市内外の歴史愛好家ら約20人が参加し、熱心に耳を傾けた。研究会では今後、月2回の勉強会を開催して南山城にまつわる地域の伝承や集落に伝わる祭事の由来などを調査・研究し、冊子にまとめる予定だ。 伊敷さんは中学生の頃、高嶺村役場(当時)が発行した「大正4年 南山の歴史」という資料と出合い、歴史に興味を持つようになった。約50年にわたり、県内各地で語り継がれてきた琉球の歴史を約千人に聞き取り調査した。南山城については謎が多く、学術的にも解明が進んでいないという。

 伊敷さんは南山城跡で今も年3回、ウマチーが行われていることを挙げ「生きた歴史だと思うが、南山王の面影を見せる物がない。行政を含めて南山城祭をできないか。南山城跡を世界遺産にする意気込みがあってもいい」と語った。

 南山最後の王、他魯毎(たるまい)が中山王尚巴志の持つ金屏風と湧水・嘉手志川を交換し、南山が滅んだといわれることについては「記録と伝承を突き合わせたら、当時、嘉手志川は存在しない。南山の真実、他魯毎が優秀な王だったことを証明したい」と強調した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

琉球新報の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索