嘉手納署は22日、沖縄県嘉手納町嘉手納の飲食店先歩道で、同町の自営業男性(38)に殺意を持ってバイクを衝突させたとして、殺人未遂容疑で被害男性の同僚で飲食店従業員の男(43)=読谷村=を逮捕した。「殺すつもりでやった」などと容疑を認めている。被害男性は顔や腹部などを負傷したが、命に別条はないという。

 逮捕容疑は22日午前2時15分ごろ、嘉手納町内の飲食店店先で、殺意を持って乗車するバイクで被害男性をはねたが、殺害に至らなかった疑い。嘉手納署によると、男は同僚らと飲食店で飲酒していた際、上司に当たる被害男性とトラブルになった。店を出た被害男性が歩道に座っていたところ、同容疑者が近くに止めてあったバイクで突進しはねたという。

 現場は飲食店などが立ち並ぶ通りの交差点の角で22日、事件によるものとみられる血痕が複数見られたほか、縁石には金属で引っかいたような痕跡が残っていた。

 男らが飲食していた店の男性従業員によると、酒が入った同容疑者は声を荒らげて「仕事を辞める。おまえたち殺してやる」などとわめき、先に店を出たという。