国土交通省大阪航空局那覇空港事務所は24日、那覇空港第2滑走路の利用が26日に始まるのを前に、新滑走路と管制塔を報道陣に公開した。第2滑走路は現在の滑走路の1310メートル沖合を埋め立てて建設し、長さ2700メートル、幅60メートル。総事業費は2074億円。2014年1月の工事着手から、5年10カ月で完成した。運用開始に向けて最終検査を進めてきた。

 滑走路が2本に増えることで、那覇空港の安定的に運用できる年間発着容量は、現在の約1.8倍の年24万回まで増える。那覇空港事務所の森本博次長は「沖縄の発展のためには那覇空港の発展が不可欠だ。空港の成長につながることを期待している」と話した。