■リウボウブックセンターリブロ

(1)大川隆法著「鋼鉄の法」(幸福の科学出版・2200円)

(2)樋口耕太郎著「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」(光文社・990円)

(3)五木寛之著「大河の一滴」(幻冬舎・1571円)

(4)琉球新報社編「甦れ!首里城」(琉球新報社・1100円)

(5))「porte [ポルト]vol.26」(編集工房東洋企画・550円)

■未来屋書店ライカム店

(1)サライ 7月号(小学館・890円)

(2)五木寛之著「大河の一滴」

(3)池上彰著「なぜ僕らは働くのか」(学研プラス・1650円)

(4)「どっちが強い!?動物オリンピック編」KADOKAWA・1056円)

(5)ヨシタケシンスケ著「ころべばいいのに」(ブロンズ社・1540円)