プロバスケの技学ぶ 鹿島西部中で「夢の教室」


「夢の教室」でトップ選手の指導を受けた生徒たち=鹿島市の西部中(提供写真)

 鹿島市の鹿島西部中でこのほど、佐賀県を拠点に社会人地域リーグに参戦しているバスケットボールチーム「佐賀バルーナーズ」を招いた夢の教室が開かれた。西部中や嬉野中のバスケ部員ら約80人が参加し、高い技術を学んだ。

 教室は、鹿島ロータリークラブ(植松信安会長)の初の試みとして開いた。バルーナーズの選手8人が参加してパスやドリブルの基本から、シュート、ディフェンスのこつを指南。最後はミニゲームで実戦指導を行いながら交流した。

 鹿島ロータリークラブは子どもたちに夢や目標を持って、努力していく大切さを学んでもらおうと企画。今後もスポーツや文化などで「夢の教室」を開いていくという。

 


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

佐賀新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

佐賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索