地元経営者ら〝面接官〟に 鹿島RC、就活の鹿島実生に助言


就職希望者に対して鹿島ロータリークラブが開いた模擬面接会=鹿島市の鹿島実高

 就職試験の解禁を間近に控え、鹿島市の鹿島ロータリークラブは20日、鹿島実高で模擬面接会を開いた。地元企業の経営者ら地域の大人15人が「面接官」となり、生徒たちは本番さながらの緊張感で臨んでいた。

 就職を希望する3年生に練習の場をつくるため、例年開催している。学校で得た学びや業種に関心を持った理由などの質問に対し、生徒たちは検定の勉強や部活動を振り返り「最後までやり抜く気持ちがある」、「仲間と力を合わせる大切さを学んだ」などと答えていた。面接官は「マニュアルではなく、あなた自身のことが分かるように」とアドバイスした。

 面接を終えた中島圭斗さんは「思いを伝えるのが難しくて、とても勉強になった。しっかりと準備したい」と話した。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

佐賀新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

佐賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索