人形を手に練習に励むメンバー

 2010年4月に発足して今年で10年目。人形劇や読み聞かせをしています。劇の小物作りをはじめ、上演練習、訪問と年間50回ほど集まり、楽しく活動しています。材料費は自分たちで作った雑貨を販売して充てています。玄海町内の保育園、小学校、老人ホームから声が掛かり、楽しんでもらっている表情を見るのがやりがいと言います。

 活字離れの昨今、便利なアプリもありますが、「ぜひ家族の生の声で読み聞かせをしてほしい。絆や大切な思い出になると思う」と会長の寺田祐子さん(49)。「できる人が、できることを!」をモットーに無理をせず長く続けていきたいとメンバーを募集しています。問い合わせは玄海町図書館まで。(地域リポーター・山口直子=玄海町)

 

 寺田 祐子さん(49)

 本を好きになるきっかけづくりになればと読み聞かせを続けています。人形劇もパワーアップしていますので皆さん楽しみにしていてください。

 

 清水 幸子さん(44)

 小僧や鬼、オオカミの声の担当です。みんなで大笑いしながら作業するのが大好きです。

 

 中山 美佐さん(48)

 やまんばや魔女の声の担当です。子どもたちがワクワクしながら見てくれるのがうれしく、楽しく活動しています。

 

 古舘 佐津喜さん(68)

 新年にあたり、子どもたちの心も夢と希望に満ち、将来に向かう一歩になればと思います。心豊かに育ってほしい。

 

 中山 勝芳さん(69)

 私たちと一緒に活動をしてくださる方をお待ちしています。男性の方もどうぞ。