今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

■塩田工

 右近 隼人(うこん・はやと)野球部所属で文武両道を心掛けた。必死に勉強し第1種電気工事士の資格を取得した。九州電力に就職し「電力の安定供給ができるように技術を磨く」。鹿島市高津原。(電気科)

 神近 夏未(かみちか・なつみ)学年唯一の女子生徒で測量士補などの資格を多数取得した。「陸上七種競技での自己ベストが思い出」。佐賀県に入庁。夢は1級建築士の資格取得。嬉野市嬉野町。(建築科)

 藤井 優成(ふじい・ゆうせい)野球部に所属し「最後の一人になるまで練習した」。学業では学年上位の成績を収めた。戸上電機製作所に就職し、「信頼される社会人になりたい」。白石町。(機械科)

 前川 太一(まえかわ・たいち)ソフトテニス部主将。個人で全国総体に出場した。「企業や地域に貢献したい」と、ブリヂストン佐賀工場に就職する。将来の夢は「世界一周旅行」。佐賀市鍋島町。(機械科)

 前田 永八(まえだ・えいや)柔道部主将で成績優秀。3年の県総体で個人3位に輝いた。鹿島クレス東日本支社に進み「同期の中でも上に行けるように頑張りたい」。鹿島市高津原。(建築科)

 宮本 修斗(みやもと・しゅうと)生徒会長で、サッカー部所属。「きつかったけど達成感が生まれた」と高校生活を振り返る。大島造船所に就職し「責任感を持って仕事したい」。鹿島市納富分。(機械科)

 山口 礼紫(やまぐち・れいじ)電気研究部部長。ものづくりコンテスト県大会では優秀賞に輝いた。「チャレンジ精神を忘れず努力したい」と九電工に就職する。鹿島市納富分。(情報技術科)

 

■鹿島実

 喜多 こころ(きた・こころ)テニス部と学業に手を抜かず、文武両道を貫いた。全商簿記1級を取得し「責任感を持って働く」。地元のジェイエイビバレッジ佐賀に就職する。鹿島市納富分。(商業科)

 栗原 笑(くりはら・えみ)ソフトボール部長。強敵に挑み、チーム一丸でつかんだ県総体優勝は一生の宝物。部活で学んだ「凡事徹底」を胸にとめ、社会人になる。佐賀銀行に就職。嬉野市塩田町。(商業科)

 小池 愛里彩(こいけ・ありさ)生徒会役員。居残り練習して臨んだ調理のテストが思い出に残る。愛知県のトヨタ生活協同組合に就職。「食の面から健康を支えていきたい」。鹿島市古枝。(食品調理科)

 芹川 力亜(せりかわ・りきあ)「体は熱く、頭はクールに」のレスリングで九州大会優勝、国体5位の好成績を収めた。感謝の気持ちを胸に、日本体育大へ進んで世界を目指す。鹿島市重ノ木。(食品調理科)

 田中 楓(たなか・かえで)バレーボール部主将でチームを盛り上げた。県大会3位に入り「メンバーと一緒に悩んで毎日笑った」。東海大体育学部に進学して体育教師を目指す。鹿島市山浦。(情報処理科)

 中島 豪(なかしま・ごう)生徒会や体育祭と多方面で活躍、サッカー部副主将で県ベスト4入りを支えた。佐賀大に進学して地域経済を学び、地元の活性化を担う公務員を志す。鹿島市中村。(商業科)

 平古場海斗(ひらこば・かいと)合同チームの野球部を主将でけん引、県優勝したNHK杯が心に残る。「野球が成長させてくれた」。九州産業大でレギュラー獲得を目標にする。太良町大浦。(情報処理科)