今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)

■唐津工

 新居 頼二(あらい・らいじ)相撲部で活躍。2、3年の時には県高校総体で個人と団体で優勝した。唐津プレシジョンに就職し「資格取得に励み、オンリーワンの人材になる」。唐津市浦。(機械科)

 石山 沙羅(いしやま・さら)高校生ものづくりコンテストの木工加工部門で全国大会に出場した。佐賀大に進学し「災害に強いまちづくりに貢献できる建築士になりたい」と意気込む。唐津市佐志。(建築科)

 小山 陽生(こやま・ようせい)入学時から文武両道を掲げ、科内での成績は常に上位。サッカー部でも主力として活躍した。九州電力に就職。「ここでしかできない仕事をしたい」。唐津市肥前町。(電気科)

 佐藤 彰真(さとう・しょうま)3年間皆勤賞で、成績も科内でトップだった。「将来的には新商品の開発がしたい」と、JFEスチール西日本製鉄所(広島県)に就職する。唐津市西唐津。(土木科)

 髙田 航世(たかだ・こうせい)サッカー部で県ベスト8に貢献。後輩をまとめる大変さを学んだ。実家の電気工事会社を継ぐため「知識をもっと身に付けたい」と話す。日本文理大に進学する。唐津市東町。(電気科)

 奈良 悠馬(なら・ゆうま)生徒会副会長を務め、「社会人を前に、会話を上達させたい」と生徒や先生たちと積極的に関わりを持った。アイシン精機(愛知県)に就職する。唐津市東唐津。(機械科)

 野崎 玲央(のざき・れお)3年間、学業とアルバイトを両立。「つらかったけど、年上の人との接し方が学べた」と胸を張る。地元の唐津土建工業に入り、建築士を目指す。唐津市二タ子。(建築科)

 

■唐津南

 岡部 凜(おかべ・りん)生徒会長を務め、2年時に台湾研修へ参加し、国際交流を深めた。「日本の良さを伝えるホテルマンになりたい」と中村国際ホテル専門学校に進む。唐津市浜玉町。(生活教養科)

 川添 泰政(かわぞえ・たいせい)野球部や食品研究で意欲的に活動。「先生や友達のおかげで、大きく成長できた3年間」と語る。九州丸大食品に内定し、新商品開発を夢見る。唐津市肥前町。(食品流通科)

 北原 彩莉(きたはら・ちあり)在学中、多くの資格を取得した。「2年生のタイ研修で異文化に触れたこと」が心に残る思い出。中村学園大短期大へ進み、保育士を目指す。唐津市肥前町。(生活教養科)

 椎山 加奈子(しいやま・かなこ)成績上位で書道部では多くの大会で入賞し、校内外でも多彩に活動。「充実した3年間」と振り返る。西九州大で管理栄養士の国家資格を目指す。松浦市鷹島町。(生活教養科)

 重 蒼太(しげ・そうた)野球部主将、ホームルーム委員長を務め、多くの資格も取得した。千寿製薬唐津工場に内定。「支えてくれた両親、地域に恩返ししたい」と語る。唐津市浜玉町。(生産技術科)

 田中 優人(たなか・ゆうと)「祖父を超える畜産農家になりたい」と学習、実習に取り組んだ。県農業クラブ連盟大会の家畜審査競技で優秀賞を獲得。県農業大学校に進学する。唐津市浜玉町。(生産技術科)

 山野邉 洋輝(やまのべ・ひろき)バドミントン部主将。県総体団体12連覇と個人優勝を成し遂げた。九州国際大に進学。勉強と部活を両立し、「将来は実業団選手に」と夢を抱く。唐津市七山。(食品流通科)