マムズベーグルの店内とスタッフ。これからサンドイッチやケーキ、焼き菓子などメニューを充実させていく

 呉服元町ストリートマーケット内に、ベーグルの専門店「マムズベーグル」がオープンした。まん丸の形が特徴で、メニューは「海苔みそレンコン」「いちごクリームチーズ」など季節の野菜やフルーツを使った14種類。店頭には定番の全粒粉やプレーンを含め7、8種類が並ぶ。

 子育て中のママが安心して働ける環境もマムズベーグルのもう一つの特徴だ。スタッフには小さい子どもを持つママもいるが、無理せず働ける営業時間とシフトになっている。

 材料には北海道産の小麦や佐賀県産のホウレンソウ、タマネギなど、無農薬の新鮮野菜を使用。イチゴジャムやイチジクのコンポートも手作りするなど無添加にこだわり、体に優しいベーグル作りを目指す。

 「『ママはみんなに安心して食べてもらえるベーグルを作っているんだよ』と子どもに胸を張れるかな」と、調理師免許を持つ店長の岩野桃子さん。

 「もちもちした食感で、これまで食べたことのないおいしさ」といううれしい感想や何度も通ってくれるお客さんを励みに、嬉野産の和紅茶の風味を生かしたベーグルなど、新しい味を追求していく。(地域リポーター・富崎喜代美=佐賀市)