寄贈する車両の前で、慈光会の岩永浩美理事長(左)にキー形の目録を手渡すALSOK佐賀の岩泉新一社長=有田町原明のパークハウス・有田

 公益財団法人のALSOKありがとう運動財団は17日、有田町の複合型介護施設「パークハウス・有田」(北川満子施設長)に福祉車両1台を贈った。スロープを使って車いすのまま乗ることができ、利用者の送迎などに使われる。

 同施設に車いす利用者向け車両はあるが、10人乗りは狭い道路に入れず玄関まで送迎できなかったり、3人乗りは他の利用者を一緒に乗せられなかったりした。贈られた6人乗りは、いずれも可能になる。

 贈呈式ではALSOK佐賀の岩泉新一社長(59)が「活用してもらえれば大変うれしい」とあいさつし、同施設を運営する慈光会の岩永浩美理事長(77)にキー形の目録を手渡した。利用者を代表して岩永冨士枝さん(93)が「ドライブや施設見学にも利用させてもらうのが楽しみ」とお礼を述べた。