佐賀県は27日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された20代男子学生の濃厚接触者ら23人のうち、県が行動自粛を求めた16人について症状がなく、14日間の健康観察期間が終了したと発表した。男子学生の症状は改善しているものの、医療機関での入院を継続している。山口祥義知事は27日の対策本部会議で「今のところ封じ込めに成功している」と述べた。