探鳥日記

 今、干潟にはたくさんの渡り鳥がやって来ていますが、その鳥たちを狙って頻繁にハヤブサが海岸にやって来ます。

 鋭い眼光、鋭利な爪。獲物を捕らえる時のスピードは100キロを超え、鳥の中でも世界トップレベルの飛行速度を持つ野鳥です。

 電車やバイク、小惑星探査機の名前に使われ、とにかく速くてカッコいいというイメージがあるハヤブサですが、最近DNAの分析によりスズメやインコに近い仲間に分類されました。

 あまりのギャップに最初は驚きましたが、顔をよく見ると、目がくりくりしていてとてもかわいいような気がしてきました。(日本野鳥の会佐賀県支部 中村さやか)