Q 2020年4月に民法が改正され、契約等の基本ルールが変更されると聞きました。具体的に生活にはどのような影響がありますか。

 

 A 消滅時効に関するルールが大きく変わります。消滅時効とは、一定の期間、債権を請求しないことで、当該債権を請求できなくなるという制度です。今回の改正では主に時効期間の長さが変わります。押さえておきたいポイントは四つです。

【ポイント1】時効期間の原則

 権利を行使できる時から10年(不法行為による損害賠償請求権は20年)または権利を行使できることを知った時から5年のいずれか短い期間が経過することで消滅時効が完成するようになります。「知った時から5年」という部分が追加された結果、改正前より短い期間で時効が完成する場合が生じます。

【ポイント2】短期消滅時効の廃止

 民法や商法で定められていた短期消滅時効制度が廃止されます。例えば、改正前は飲食店での飲食代金は1年の短期消滅時効が規定されていましたが、これが廃止されます。

【ポイント3】生命または身体の侵害による損害賠償請求について

 損害および加害者を知った時から3年だったものが5年となります。交通事故でけがをした際の損害賠償請求などに影響が出てきます。

【ポイント4】適用期間

 改正後の時効は、改正法施行日である令和2年4月1日以降に発生した債権について適用されます。4月1日より前に発生した債権については改正前の消滅時効が適用されるので区別が必要です。

 これまでは、「まだ請求できる」債権だったものが請求できなくなったり、「もう請求できない」債権が請求できたりしますので、詳しくは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。(弁護士 塚本耕平 佐賀市)