鳥栖市水屋付近の明治37年(1904年)国土地理院地図(地名は修正と加筆しています)」

 江戸時代、徳川幕府は長崎奉行とオランダ商館長の江戸参府などのために、長崎街道の整備を沿線諸藩に命じます。

 そして、対馬藩田代領に田代宿、佐賀鍋島藩領に轟木宿の宿場町が整備されます。

 田代宿からは日田へ向かう「ひた・ひこ山道」と、久留米へ向かう「くるめ道」が分岐します。くるめ道は南に下り、曽根崎で大木川を渡り、さらに南に下り酒井西・東を経て水屋町へと至ります(現在の国道3号)。

 慶安元(1645)年までは、南の筑後川(現在は宝満川)を「大久保の渡し」(洪水で渡船禁止が多い)で渡り、久留米有馬藩に入りますが、慶安元年以降は「山王橋」ができて大木川を渡り、東側の宝満川を渡って久留米領三軒屋へと向かいました。

 ここは普段は徒歩渡りできるほど狭く浅かったようで、渡ると三軒屋番所がありました。(参考『鳥栖市誌第3巻』)

(藤瀬禎博・鳥栖郷土研究会会長)