有重老人クラブの北川英俊会長(右)からマスクを受け取る好生館の桐野髙明理事長(左)ら=佐賀市の好生館

 佐賀市の有重老人クラブ(75人)は23日、感染症指定医療機関の佐賀県医療センター好生館(佐賀市嘉瀬町)にサージカルマスク2千枚を寄贈した。同クラブ会員から寄付を集めて用意したもので、医師をはじめ好生館の職員に配られる。

 有重老人クラブの北川英俊会長(76)は「医療講演会や地区の夏祭りで、いつもお世話になっている。日頃のお返し。第2波に備えてほしい」とあいさつ。好生館の桐野髙明理事長は「マスクを何度も交換すると、一日で千枚は必要。こうした寄付は大変ありがたい」と感謝した。