伊万里市内の児童生徒にマスクケースを贈った三光の松尾光社長=市役所

 伊万里市の印刷会社「三光」は9日、市教育委員会にマスクケース約4600枚を贈呈した。顔から外したマスクを一時保管するのに便利で、市内全ての小中学生に配る。

 ケースは表面に抗菌加工をした1枚の厚紙を折り畳んで使用する。新型コロナウイルスで痛手を受けている飲食店に役立ててもらおうと作り、児童生徒にも提供することにした。

 松尾光社長(42)は「暑くなり、マスクを外す機会が増えると思う。衛生的に保管できるので活用してほしい」と話している。