全仏オープン準優勝のプレートを手に笑顔を見せる大谷桃子選手=佐賀県庁

 佐賀県を拠点に活動し、今月上旬にパリで開かれたテニスの全仏オープン・車いすの部で準優勝を果たした大谷桃子選手(25)=西九州大卒、かんぽ生命保険=が28日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に結果を報告するとともに、今後のさらなる飛躍を誓った。

 9月の全米オープンに続く四大大会出場となった大谷選手は、初戦をストレートで制して四大大会初勝利を挙げると、準決勝では全米覇者で世界ランキング1位のオランダの選手を撃破。日本人対決となった決勝では上地結衣(三井住友銀行)に敗れたが、初出場準優勝の快挙を成し遂げた。

 山口知事は「特に準決勝は厳しいかなと思ったが、素晴らしい試合だった」と健闘をたたえた。大谷選手は「結果的には準優勝で上出来だったが、決勝ではふがいない試合をしてしまった」と課題も挙げた。世界ランキングは二つ上がって8位に。「(これからの)全豪、全仏、全英全てに出場できるように頑張って、そこで経験したものを東京で出せたら」と来夏の東京パラリンピックに向け「もっと強くなる」と誓った。

 この後、佐賀市役所を訪問。秀島敏行市長は「市民に感動と楽しみを与えてもらった」と市表彰特別賞を贈り、川原田裕明議長がシギの恩返し米、佐賀のりを手渡した。(草野杏実、大田浩司)