長崎県と長崎県観光連盟が実施する「リアル宝探し ヒストリー・ハンターズ」

 長崎県と長崎県観光連盟は新型コロナウィルス感染症の影響を受けた地域経済を回復させるため、宝探しをモチーフにした観光イベント「リアル宝探し ヒストリー・ハンターズ」を11月1日から実施する。期間は来年2月28日まで。

 佐世保市や島原市など県内12市町が参加する。専用の地図に書かれているヒントを頼りに、各市町を回りエリアごとのキーワードを探し出す。見つけたキーワードの数によって特産品が当たる抽選に参加できる。数が多いほど高級品に当たる確率が高くなる。

 地域賞で西海市は「天然クエ鍋セット」、雲仙市は「雲仙温泉・小浜温泉の宿泊券」などを用意している。10個以上のキーワードを集めて応募するとV・ファーレン長崎の来季のシーズンパスポートや、県内宿泊券3万円分などの豪華賞品も当たる。

 イベントに参加するための地図は、各市町の観光案内所で配布している。問い合わせは長崎県観光連盟、電話095(826)9407。