シャッター街に遊び声響く 基山商店街に保育園

 シャッターが目立っていた基山町宮浦の基山モール商店街に、小さな子どもたちが元気よく遊ぶ声が響く。商店街の一角に昨年4月に移転した「ちびはる保育園」の園児たちだ。商売の場から地域の交流拠点へ。全国のモデル例として、経済産業省がまとめた冊子にも取り上げられ、注目が高まっている。

 取り組みが掲載されたのは中小企業庁が今年2月に発行した「地域商業自立促進事業モデル事例集」。「少子・高齢化対応」の一つとして紹介されている。

 同園は小規模保育施設で、町内外から0〜5歳児まで約35人が通う。「もともと商店街の近くにあったが、手狭で、移転先を探していたところに町から『商店街の空き店舗を活用しては』と話をいただいた」と振り返るのは同園の杉原伸介園長(48)。

 JR基山駅に近く、商店街の通路は終日歩行者専用で危険も少ない▽せり出した屋根があり多少の雨でも屋外で遊ぶことができる▽近くには遊具が設置された神社もある、など多数の利点を感じ移転を決めた。

▼温かく受け入れ

 移転後に分かったメリットもある。杉原さんは他にも2園を運営しているが、「他の園とは違い民家に隣接していないため、周辺からの苦情のリスクも抑えられている。なにより、商店街の皆さんが温かく受け入れてくださっている」と目を細める。

 園児と商店街との交流も進められている。昨年7月にあった「きのくに祭り」では、園児たちが商店街の一員として山車を引いた。11月には町の事業の一環で通路の植栽が撤去され、園児たちが遊具で遊んだり、緑色のカラー舗装を黒板に見立ててチョークでお絵かきするなど、商店街全体が格好の遊び場となっている。

 商店街の松尾滋理事長(58)は「子どもの笑い声が響く商店街は、お客様にも安全・安心なイメージを持ってもらえる。園の先生だけでなく商店主の目も届くし、ウィンウィンでは」と話す。

 同商店街は基山駅近くにあり、1982年に開業。遊歩道や広場を備えた「モール型」商店街の先駆けとして全国的に注目された。近年は店主の高齢化や後継者不足、大型量販店の進出などで廃業が相次いだ。14年2月には「トライアル基山店」がモール内から撤退し、「シャッター商店街」の様相がより濃くなっていた。

▼時代のニーズ

 しかし、14年から空き店舗の1つを交流広場として開放する「まちなか公民館」を設置したり、中高生にシャッターに地域を代表するエミューなどの名物の絵を描いてもらったりするなど、独自の取り組みを展開。活性化を図ってきた。

 現在テナントには保育園のほか、デイサービス事業所や学習塾が入り、今後はダンス教室や発達支援施設も入居する話があるという。「小売りの商店街から、街中の交流拠点になりつつある。意図したわけではないが、これからの商店街の形を先取りしているのかな」と松尾理事長。

 保育園の保護者全員に商店街内で特典を受けられるカードを配布しており、新たな顧客として呼び込む取り組みも徐々に進めている。時代のニーズに応えることで、再生を果たすべく歩を進める。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?
佐賀新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

18時41分更新

佐賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索