認知症や体の衰えは、ある日急に始まるわけではありません。老化は一定の期間内で徐々に進行が見られるものですが、早めに察知すれば要介護状態を防ぐことも可能です。しかし、定年退職やちょっとしたケガなどをきっかけに家に閉じこもるようになると、体が衰えていくスピードも早まっていくのです。

健常と要介護の間にある「フレイル」

日本老年医学会は2014年に「フレイル」という概念を提唱しました。フレイルの語源である「Frailty」には「虚弱」や「老衰」という意味があり、健常と要介護状態の間の期間を指す言葉であって、徐々に筋力や認知機能が衰えていく期間でもあります。「だれも老化に抗えない」と思い込みがちですが、認知症や重度の寝たきりとは異なり、フレイルについては適切な治療や予防をおこなうことで健常な状態に回復できる可能性を秘めています。

フレイルの原因は、身体的、心理的、社会的の3つの側面があります。

身体面では筋力や消化器機能の低下から起こるさまざまな機能障害やロコモティブシンドロームがあります。心理的には軽度認知障害(MCI)や、老化を自覚したことによって起こる自信喪失や無気力。そこから始まる老人性うつなどがあります。これらにプラスして、引きこもりなど家族や他人との接触を拒むようになる社会的要因があります。フレイルから脱するためには、これらを包括的に見て改善を図る必要があります。

一気に要介護状態となる負の連鎖

フレイルが進行する原因は以下のケースが考えられます。

加齢などにより筋力が減少する
       ↓
運動量が減り、エネルギー消費量が低下する
       ↓
食欲不振になり食事の摂取量が減る
       ↓
栄養の摂取不足による低栄養の状態になる
       ↓
体重が減少し、さらに筋力が減少する

ひとつのきっかけで負のサイクルが延々と続くことが考えられ、あっという間に要介護状態となる可能性が高まります。

フレイルを確認するチェックリスト

身体上の衰えから来るフレイルを確認するためのチェック項目は以下の5つです。3項目以上当てはまればフレイルで、1〜2項目当てはまれば、フレイルの前段階であるプレ・フレイルと考えられます。

1.体重の減少
半年間で(意図なく)2〜3kg体重が減少した

2.疲労感
2週間の間で、特に理由もなく疲れたと感じるようになった

3.歩行速度の低下
歩くスピードが遅くなった(1秒間で歩行距離1m未満)

4.握力の低下
利き手の握力が、男性で26kg未満、女性で18kg未満

5.身体活動量の低下
習慣的におこなっていた軽い運動や体操、スポーツをしなくなった

東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授によって提唱されたフレイルチェックは以下のとおりです。栄養、歯科口腔、運動、社会性、うつの有無を評価できる内容となっています。

1.ほぼ同じ年齢の同性と比較して健康に気を付けた食事を心がけていますか
2.野菜料理と主菜(肉または魚)を両方とも毎日2回以上は食べていますか
3.「さきいか」、「たくあん」くらいの固さの食品を普通に噛み切れますか
4.お茶や汁物でむせることがありますか
5.1回30分以上の汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施していますか
6.日常生活において歩行または同等の身体活動を1日1時間以上実施していますか
7.ほぼ同じ年齢の同性と比較して歩く速度が速いと思いますか
8.昨年と比べて外出の回数が減っていますか
9.1日に1回以上は、誰かと一緒に食事をしますか
10.自分が活気に溢れていると思いますか
11.何よりまず、物忘れが気になりますか