暑い季節になると増えてくる熱中症。毎年熱中症で亡くなる方は高齢者が多く、特に注意が必要です。 そこで、この記事では熱中症の一般的な症状や予防方法と、もし熱中症になってしまった場合の対処方法についてまとめました。この夏の熱中症対策にぜひお役立てください。

「暑いからかかる」わけではない?熱中症の症状や原因

●熱中症の症状とは?

熱中症とは、高い気温や湿度が原因で起こるさまざまな症状のこと。暑いからといって全員が熱中症にかかるわけではなく、その人の体の状態などによっても、症状の有無や程度が変わります。

症状は軽いものだと、めまいや顔のほてり、体のだるさなど。ひどくなってくると、吐き気、頭痛、筋肉痛やけいれんなどを起こします。異常に汗をかいたり、皮膚が熱くなったり赤くなっている状態も熱中症の症状です。

熱中症は、重症になると自力で水分摂取をできなくなったり、意識障害やふらつきなどを起こしたりしてしまい、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。

熱中症の種類について

熱中症の具体的な症状として以下のものがあります。

●熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなり発症します。主な症状はめまい、失神、呼吸や脈拍数の増加などです。

●熱けいれん

汗をかいた後、血液中の塩分濃度が低下することによって起こります。主な症状は筋肉痛、手足がつる、筋肉のけいれんなどです。水分補給した場合でも、塩化ナトリウムなどを含まない水道水を飲んだ後に起こることもあります。

●熱疲労

汗をかいた後で水分の補給を怠ると、体が脱水状態になり全身の脱力感、倦怠感、悪心、めまいなどの熱疲労の症状がみられます。

●熱射病

体温が上昇し中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害のほか頭痛、吐き気、めまいなどもみられます。また、臓器の血管が詰まることによって起こる臓器障害を合併する可能性もあります。

一般的に、「熱失神・熱けいれん<熱疲労<熱射病」の順で重症と考えられます。中でも熱射病は命にかかわる危険な状態です。近年は異常気象の影響もあり、真夏日(日中の最高気温が30℃以上)や熱帯夜(夜間の最低気温が25℃以下)が増えていることから、これからの季節、油断は大敵です。

熱中症の原因とは?

熱中症の原因は「高温多湿の環境」や「直射日光」です。 通常、私たちの体は体温が上昇すると汗をかき、熱を発散することで、気温や湿度の上昇に対応しています。

しかし、あまりに気温や湿度が高かったり、部屋を閉め切っていたりといった環境だと、体がうまく対応できずに熱中症を起こしてしまうのです。 同じ環境や条件でも「子どもや高齢者、体調がもともとよくない人」などは、体温調節機能が低く、熱中症にかかりやすくなります。

また、炎天下での運動や作業、水分補給の不足なども熱中症を引き起こす原因です。 高齢者の場合、もともと熱中症になりやすいうえに、病気や体調不良になっても人に話さず我慢しようとする人もいらっしゃいます。

また、エアコンなども「もったいない」といって使いたがらない人もおり、そのような傾向がよけいに熱中症を重症化させる原因となってしまうのです。予防対策には早めの対応をおこなうことが、非常に重要になります。

熱中症になりやすい時期と場所

熱中症は気温や日差しが強い7〜8月にかけて多く、この時期は病院へ緊急搬送される人も増えます。しかし、徐々に気温が上がり始める梅雨(6月)の時期も要注意です。梅雨の合間の晴れの日や梅雨明け直後に、まだ体が暑さに慣れていないことから熱中症を発症するケースも考えられます。

また真夏の時期でも、「直射日光が当たらない夜ならば安心」と考えるのは大変危険です。夜でも気温の高い熱帯夜に熱中症を発症することもおおいに考えられるからです。寝ている間、無意識のうちに体調を崩すこともあるため、就寝前に部屋の通気を確保する、エアコンのタイマーをセットしておくなどの環境管理に努めるようにしてください。

アスファルトやコンクリートで囲まれた場所は、地面からの輻射熱が強く、アスファルトが熱を溜め込むことから日が落ちた夜でも気温が下がりにくいため、より熱中症のリスクが高まります。風通しの悪い場所も注意が必要です。エアコンの室外機の周囲も温度が高くなることから、狭い場所で作業や庭仕事をする場合は十分に対策してからおこなうようにしてください。

熱中症には気温、湿度、輻射熱、大気の流れなどが関係していますが、これらを総合的に考慮した「暑さ指数」(WBGT:湿球黒球温度)というものがあります。この指標の数値が上がり熱中症のリスクが高まる場合には、自治体の防災無線で警告したり、インターネットを介してスマートフォンで知らせたりしてくれます。これから暑くなる季節、周囲の情報をキャッチして熱中症予防に役立ててください。