代表的な認知症の種類

「認知症」と言っても、発症の原因または脳内のどの部分で異常が起こるかによって見られる症状や治療法が変わってきます。ここでは治癒が困難とされる4つの認知症について解説します。

アルツハイマー型認知症
アルツハイマー型認知症は、記憶を司る海馬や頭頂葉といった脳細胞が広範囲で委縮することで発症します。認知症患者でもっとも多いのがアルツハイマー型にあたります。主な症状としては物忘れ、同じことを何度も繰り返し発言するなどの中核症状に始まり、その病状はゆっくり進行していきます。症状が進んでくると人や物、時間、場所などの誤認識が始まり、人によっては妄想や徘徊が始まります。男性に比べ女性に多く発症するのが特徴です。

レビー小体型認知症
レビー小体型認知症は、大脳の皮質の神経細胞内に「レビー小体」と呼ばれるタンパク質が溜まることによって起こります。現在はアルツハイマー型認知症に次いで患者数が多く、男性に多く見られるのが特徴です。病状が進行してくると、幻覚(幻視)がはっきりと現れ、体の硬直が始まり動作全般が遅くなります。パーキンソン病の症状に類似しているのもレビー小体型の特徴の一つです。

脳血管性認知症
脳梗塞やくも膜下出血など、脳の血管障害によって起こる認知症で、病気や事故をきっかけに発症するのが、アルツハイマー型やレビー小体型と大きく異なる点です。脳血管障害にかかると、脳内に血栓ができその部分の脳細胞が死滅してしまいます。血栓ができる箇所によって失われる機能にも個人差があります。

前頭側頭型認知症(ピック病)
主に人格を司る前頭葉と言語を司る側頭葉が委縮する病気で、怒りっぽくなるといった人格面での変化に始まり、最終的には重度の記憶障害を引き起こします。脳の神経細胞内に「ピック球」と呼ばれる物質が見られることから「ピック病」と総称されています。発症率は低いですが、多くの人が40〜60代で罹患しており「若年性認知症」とも呼ばれています。