「突然、怒り出すことが増えてきた」「女性のお尻や胸に触れるような痴漢行為をするようになった」「万引きをするようになった」など、今までとは明らかに違うご家族の様子を感じたことはありませんか?

このような症状が見られるピック病は認知症の一種ですが、私たちのよく知る認知症とは違います。ピック病は、人の人格までも変えてしまうような症状があります。今回はこのピック病について詳しくご紹介いたします。

日本国内に1万人以上!?前頭側頭型認知症のひとつ、ピック病

ピック病は、若年性アルツハイマーと同じく、40〜60代と比較的若い世代が発症する「初老期認知症」の代表的疾患です。

脳の前方にある前頭葉と側頭葉が萎縮する「前頭側頭型認知症」のひとつで、「ピック球」と呼ばれる脳の神経細胞の塊が前頭葉と側頭葉にできて生じます。「人間らしさ」を一気に奪う病気で、理性的な行動をとれなくなるのが特徴です。

例えば、感情の障害、意思の欠如、運動性言語障害、判断力低下、記憶低下などが現れます。そのため、一部の症状から、うつ病、統合失調症などの精神疾患と誤診されることも少なくありません。

現在、日本国内には1万人ほどのピック病患者がいると推定されていますが、この病気を診断できる医師がまだ少ないこともあって実際の数はずっと多いとみられています。本人は病気である認識がまったくないため、周りが変化に気づいてあげることが必要です。
 
具体的には、以下のような症状が現れます。 

【ピック病の代表症状】 
・万引き、盗難 
・怒り、暴力 
・社会的ルールを無視する 
・痴漢行為 
・決まった時間や場所などで同じ動作を繰り返し行う 
・不潔でも気にならなくなる 
・無気力 
・料理、洗濯などの生活能力の低下 
・暴食、拒食、食べられないものを食べようとする 
・人の物まねをする 
・同じ場所を周回、どこへ向かっているかわからず徘徊 
・失語、言語理解力の低下 

ここからは、もう少し詳しくピック病の症例について説明していきましょう。