家族を在宅で介護していると、課題となるのが病院への移動。身体に障害をもっている場合、車まで移動するにも介護者ひとりでは難しい場合があります。あるいは、通院のタイミングにどうしても家族が立ち会えないことも。

そんな、通院への悩みを解決するのが「介護タクシー」です。介護保険の適用も効く、この移動手段。聞いたことはあるけれど使ったことはないという方も多いでしょう。 今回は、介護タクシーの利用の流れや料金について解説していきます。

介護保険が適用される「介護タクシー」の利用条件

まず、介護タクシーとはどのようなサービスなのか、その概要について説明していきます。 介護タクシーとは、自分一人では車に乗ることが困難な方や、一定以上の介護が必要な高齢者が外出する際に利用できる車両のことです。

ここで注意したいのが、「介護タクシー」というのは通称で、「介護タクシー」という名目の介護保険サービスは存在しません。訪問介護サービスに「通院等のための乗車または降車の介助」という内容が含まれていますが、この一連のサービスを提供する業態が「介護タクシー」と呼ばれています

乗務員は介護職員初任者研修以上の資格をもっていて、車両への乗降だけでなく、家に入っての着替えの介助などもおこないます。介護タクシーは高齢者ならばだれでも利用可能ですが、介護保険が適用されるには以下の条件を満たさなくてはなりません。

●「要介護1」以上であること

●生活の拠点が自宅であること

●他人の介助なしで独力での移動が難しい状態にあること

●移動の目的が通院、または生活上必要な移動(金融機関や選挙の投票所への行き来など)であること

●上記などの理由を踏まえ、介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護タクシーの利用を必要と判断した場合

以上の条件から、入院中や特別養護老人ホーム、介護老人保健施設といった介護保険施設で生活している方は対象外となります。一方、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は居宅とみなされるため、利用可能です。公共交通機関を一人で利用できる方や、自分で運転ができる方など、介護タクシーを必ずしも必要としない方はもちろん対象外です。

また、家族など付き添い人の同乗も原則認められていないことから、基本的には独居高齢者向けのサービスと考えることができます。その他にも、介護タクシーに対応する訪問介護サービスと契約していること、介護保険サービスの支給限度単位数内であることなどが利用の条件です。