社会との接触を断ち、仕事もせず自分の部屋から一歩も出ない、いわゆる"引きこもり"の若者が増えていることは周知のとおりだと思います。ところが、引きこもりが長期化すると、若者個人だけではなく家族全体にまで悪影響を及ぼすようになります。今回は、巷で聞かれる「8050問題」というキーワードとともに、引きこもりという社会問題について触れてみます。

終わりの見えない扶養が続く「8050問題」

「8050問題」は「80代」の親が「50代」の子どもを経済的に支える必要がある状態を指します。子どもは仕事がなく収入もないため、親の年金が一家の主たる収入源になります。

本来ならば、私たちが80代の高齢期を迎えるころには、仕事はすでにリタイアして年金を収入源とした生活を送り、子どもや孫に支えられながら余生を送るのが一般的でしょう。ところが8050問題を抱える家族の場合、定職に就かない子どもをいつまでも親が扶養しなくてはなりません。世の中資産を多く抱えている裕福な家庭ばかりではありません。わずかな年金だけで夫婦、そして子どもの生活費を賄っていくのは限界があります。質素な生活を心がけていても、高齢になるほど医療や介護での支出も多くなるため、家計が破綻するのはもはや時間の問題なのです。

引きこもりを放置し続けた結果、問題はより深刻に

8050問題の原因は、1980〜1990年代にかけて顕在化した若者の"引きこもり"を放置したことにあると多くの専門家は指摘しています。つまり、当時10〜20代だった若者が数十年間も引きこもり生活を続け、50代を迎えてしまったことになります。親が現役世代ならば収入もある程度は見込めるため、引きこもりの子どもを養っていくのはそう難しくはないでしょう。しかし定年を迎え、経済的にも体力的にも衰えた状態で、昔と同じような生活レベルを子どもに提供し続けていくのは、どう考えても現実的ではありません。

子どもからしても、「(自分が)働かなくても生活していける」という現実を一度味わってしまったため、社会に出る必要性を理解し、働くことへのモチベーションを持つことはそう簡単ではありません。一緒に生活していると自分の両親が衰えていく姿には気づきにくいもので、何の危機感も持たず、この生活が未来永劫続いていくという幻想から逃れることができなくなります。

8050問題が起こる、その背景とは

8050問題の最たる原因である引きこもりの人がなぜ増えてしまったのか考えてみたいと思います。

もっともありがちなケースは、仕事を失ったことを機に引きこもりになるパターンです。2000年以降、非正規雇用や派遣社員が多くなり、急な雇い止めが増えてきました。また正社員で働いていても、長引く不況によりリストラや会社の倒産で職を失った人も大勢います。突然仕事が無くなってしまったショックで現実を受け入れられず、そればかりか人間不信に陥り、社会との接触を自ら断ってしまうのです。

次に、病気やケガ、精神疾患により社会復帰が難しくなり引きこもってしまうケースです。事故や疾患は不可抗力のため仕方ない面もありますが、今まで元気だった手前、体が不自由になった姿を他人に見せたくないという思いから、子どもを社会から隔離しようとする親もいます。初めはこれでよいかもしれませんが、親も子どもも高齢化していきます。親が死亡したあと、障がいや病気を抱えた子どもの世話を誰が見ていくのか、その資金をどう捻出していくのかといった問題も出てきます。

特に若い世代に多いのは、働くことや社会に出ることの必要性を初めから持てないケースです。現在はインターネットの普及により、部屋にパソコンさえあればチャットツールやオンラインゲームなどを介して他人と接触することが可能です。この結果、バーチャル空間に完全に依存してしまい、部屋にこもって一日中インターネットに没頭する若者が増えてきました。同時に、職や技能を持たず、それに対する習練なども一切おこなわない「ニート」と呼ばれる若者も増えてきました。

親の介護を機に、引きこもりになるケースもあります。「介護離職」という言葉がありますが、無事に親を看取ったにもかかわらず、仕事をしていなかったブランクが影響して再就職先が見つからず、絶望感からそのまま引きこもってしまうのです。介護休暇や介護離職に対する世間の理解がまだまだ低く、このあたりの意識改革も社会に求められます。

多くのケースに共通して言えることですが、何かのきっかけで自信をなくし、自分は世間から必要とされていないと思い込む孤独感が、引きこもりや8050問題に拍車をかけているのではないでしょうか。