認知症になっても安心して生活していけるのは、日々の介護を中心としたケア体制があるからこそ。それでも、病気の進行を遅らせ安心して余生を過ごすためには、信頼のおける医療機関で定期的に診察を受けることが必要不可欠です。今回は認知症患者のさまざまな病状に対応する「認知症疾患医療センター」について紹介します。

全国各地に点在する認知症疾患医療センター

「認知症疾患医療センター」とは、都道府県または政令指定都市の指定を受けた医療機関が、介護サービス事業者などと連携して認知症の診察や相談をおこなう医療拠点です。

検査機器や入院設備など一定の条件を満たした医療機関が対象となり、介護事業者や地域のかかりつけ医などから紹介を受けた高齢者の診察をおこなう他、急な精神症状、合併症状が見られる患者の受け入れもしています。認知症の疑いのある人が最初に訪れる「物忘れ外来」がありますが、認知症疾患医療センターが物忘れ外来を兼ねているところもあり、気軽に相談できる体制を整えています。

ほかにも、地域医療の中核機関として患者家族や地域住民などに対する普及啓発活動をおこなうなど、"介護と医療をつなぐ"存在として地域に根差した活動を展開しています。

病院の規模などにより3タイプに分類

認知症疾患医療センターは病院の規模などにより以下の3タイプに分類されます。ただし、地域に根差した医療をおこなう点はどこの病院でも変わりありません。

基幹型
都道府県が運営する公立病院や大学病院など比較的大規模な医療機関(総合病院)で、検査機器や入院態勢が整備されています。

地域型
精神科を有する大〜中規模病院で、医師や看護師など職員配置も含め基幹型に準じた医療体制が整っています。認知症患者や精神疾患者向けの専用病床がない病院もあるため、入院が必要となる際は、他の医療機関と連携する場合があります。

診療型
個人経営のクリニックなど小規模の病院に多く見られます。詳細な検査や入院はほかの医療機関と連携することになります。東京都下(23区以外)や地方部に多いのが特徴ですが、全国的に見ると数はごくわずかしかありません。