多久市で開かれている生涯学習の講座に通う60歳以上の高齢者らが、半年間かけて作り上げた作品の展示会が市役所で開かれています。

この展示会は60歳以上を対象に多久市などが開いている生涯学習の講座多久市”好齢”大学院が、日頃の活動を知ってもらおうと14日から開いているものです。会場には絵手紙や書道を学ぶ受講生24人が、半年かけて完成させた約200点が展示されています。

この作品展は1月24日まで、多久市役所1階のロビーで開かれています。