JAグループが募集した作文・図画コンクールで、佐賀県の中学生と小学生、あわせて3人が受賞しました。

このコンクールは、子供たちに農業への理解を深めてもらおうと毎年行われていて、今回は全国から11万1000点あまりの応募がありました。このうち図画部門の農林水産大臣賞には、伊万里市の国見中学校2年の荒木音羽さんと小城市の桜岡小学校2年の川原田すみれさんが選ばれました。
川原田さんの作品、「なえがいっぱいのるよ」は、「積まれた苗の束の色合いに豊作への期待感があふれている」と審査員から高く評価されました。また、図画部門の全国農業協同組合中央会会長賞は、佐賀市の鍋島小学校5年、白浜早也花さんが受賞しました。