九州新幹線長崎ルートの整備方式をめぐる今後の協議のあり方について、国と県の事務レベルでの会談が県庁でありました。

このなかで国はフル規格以外のスーパー特急などの整備方式については、「論点を整理して真摯に協議したい」と提案し、1月にも本格的な協議に入りたいと考えを示しましたが、県は会談後否定的な考えを示しました。16日午後、県庁で会談したのは県の南里隆地域交流部長らと、国交省・鉄道局の足立基成幹線鉄道課長らです。

佐賀県は新幹線長崎ルートの整備について全線フル規格前提の協議に反対していますが、国交省側はフル規格以外のスーパー特急やリレー方式なども含む5つの選択肢についても「論点を整理したうえで真摯に協議する」としました。

その上で、県と国交省の実務者協議を月に1・2回、知事と鉄道局長の協議を1カ月から2カ月に1回行うことや、「いたずらに時間だけが過ぎることはないようにする」などとする協議のあり方の案を県側に示しました。

足立課長:「フルに限らず5つを真摯に議論することでやっていきたいとお答えした」国交省側は「1月中にも協議に入りたい」としましたが、県側は、「フル規格は受け入れられない考えはいささかも変わっていない」と伝えたほか、報道陣に対しては「1月中に協議に入ることはない」と話していて、両者の姿勢に食い違いがみられました。