佐賀県では17日から18日にかけて、この冬一番の強い寒気が南下するため大雪になる恐れがあります。気象台によりますと九州北部地方では17日から18日にかけてこの冬一番の強い寒気が南下する見込みです。このため佐賀県では17日から18日朝にかけて断続的に雪が降る見込みです。雪雲が予想より発達した場合は、山地を中心に警報級の大雪になる恐れがあります。気象台は積雪や路面凍結による交通障害、農作物や農業施設の管理などに注意するよう呼びかけています。