佐賀市が進める佐賀駅周辺の整備のあり方について検討してきた会議は19日、最終案をまとめ、今年夏にも整備がスタートする見通しとなりました。

佐賀市が進める佐賀駅周辺整備は、駅の南北の開発やSAGAサンライズパークへ続く市道が対象となっています。2019年11月から有識者らが主に駅南口の交流広場について協議した結果、南口の交流広場に駅のシンボルとなる水を使ったモニュメントや、開業予定の商業施設とつなぐ屋根を整備するなどの最終案がまとまりました。また委員から、芝生広場の活用方法やモニュメントのデザインなどについて意見が出たことから、佐賀市は意見を踏まえ今年5月までに整備案を確定させるということです。2020年8月から駅北口広場と市道の整備を、2021年度からは駅南口広場の整備を始める予定です。