新型コロナウイルスの感染拡大を受け各地で合同企業説明会が中止になるなど就職活動にも影響が出ています。こうしたなか、佐賀市で小規模な合同企業説明会が開かれました。

この説明会は若者の就職を支援する県の施設ジョブカフェSAGAが毎月開いているもので、今回は新型コロナウイルスの感染予防をしながらの開催となりました。通常、1日に4社の企業が参加しフロアの一画に固まって行っていますが、今回は2社ずつ午前と午後の部に分けフロア全体で行うことに加え消毒液を設置するなどの対策がとられています。
参加者:「インターネットでいろいろ企業のことを調べるけどわからないことだらけ/この場を設けてもらったのは本当にうれしかった」
県産業人材課木原惇滋さん:「企業と求職者が会う機会が激減してしまった状況があるので検討しながら開催にするに至った」

この説明会は26日まで開かれ、3日間であわせて12社が参加するということです。