佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館のフェンシング場がJOC日本オリンピック委員会の強化センターに認定され25日セレモニーが開かれました。

日本オリンピック委員会は東京オリンピックをはじめとする国際大会に向けた選手強化の一環として、全国各地の施設を競技別の強化センターに認定しています。
セレモニーには山口知事や日本フェンシング協会の太田雄貴会長ら約20人が出席。佐賀県と日本フェンシング協会が今後、選手の育成や就職支援などにともに尽力していく内容の協定を交わしました。

また東京オリンピックの延期について太田さんはー。
公益社団法人日本フェンシング協会 太田雄貴会長:「中止というあってはならないケースが避けられたことに対してIOCのバッハ会長、安倍首相、小池都知事に感謝している。選手たちには社会全体として意思決定をしたことに対して理解してもらえたら」

日本オリンピック委員会がフェンシングの強化センターに認定したのは全国でも今回が初めてで今後は日本代表選手などの合宿が行われる予定です。