佐賀県内では昼すぎにかけて、局地的に雷をともなった非常に激しい雨が降り大雨になるおそれがあります。佐賀地方気象台は、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけています。

佐賀地方気象台によりますと、日本海にある前線をともなった低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部地方で大気の状態が非常に不安定になっているということです。そのため県内では、27日昼すぎにかけて、局地的に雷をともなった激しい雨や非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。

気象台は、土砂災害に厳重な警戒を、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけているほか、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけています。