停滞している梅雨前線の影響で、県内では27日未明から各地で大雨となり、このうち伊万里市では午前6時までの1時間に87.5ミリの猛烈な雨を観測しました。

県内では停滞する梅雨前線の影響で、未明から各地で大雨となり伊万里市では午前6時までの1時間に87.5ミリの猛烈な雨となり、3時間降水量は176.5ミリと6月の観測史上最高となったほか、佐賀市でも60.5ミリ鳥栖市でも57.5ミリの非常に激しい雨となりました。

降り始めから、27日午後4時までの雨量は伊万里で185ミリ鳥栖129.5ミリ、佐賀市駅前中央で117.5ミリとなっています。

この大雨で県内各地の河川も増水するなどして、伊万里市と鳥栖市などの一部に一時避難勧告が出されました。また伊万里市では、消防本部近くの土手が高さ5メートル幅5メートルほど崩れましたが、けが人はいないということです。佐賀市や唐津市、鳥栖市などで一時、道路や農地が冠水しました。

28日までに予想される1時間降水量は、多いところで50ミリまた、28日午後6時までに予想される24時間の降水量は、120ミリとなっています。気象台は28日朝にかけて土砂災害に警戒を低い土地の浸水や、河川の増水や氾濫に注意を呼び掛けています。