小城市の印刷会社が印刷技術を生かしてつくったマスクを収納するための紙製のケース7200枚を多久市に贈りました。

紙製のマスクケース7200枚を贈ったのは、小城市に本社を置く印刷会社「音成印刷」です。このマスクケースは、音成印刷が作った使い捨てのもので食事などで一時的にマスクを外す際に中に入れ保管します。基本的には使い捨てマスクのためのもので、衛生面を考慮し内側には菌がつきにくい抗菌ニス加工が施されているということです。

【音成印刷・真崎俊夫社長】
「印刷会社として地域に何ができるかなと考えた時にわれわれができることはやはり印刷の技術。このマスクポケットで安心してマスクを携帯できるようになってほしい」マスクケースは今後、多久市内の飲食店に配られるほか、この印刷会社は小城市にも贈る予定です。