鹿島市の商業施設で女性客のスカートの中を盗撮したとして現行犯逮捕された小学校教諭の男について、県教育員会は29日付けで懲戒免職としました。男は同僚も盗撮していたということです。

29日付けで懲戒免職処分を受けたのは、鹿島市の小学校に勤務していた58歳の男性教諭です。県教育委員会などによりますと、元教諭は今月12日、鹿島市にある商業施設でバッグの中に隠した小型カメラで、20代の女性客のスカートの中を盗撮したとして、警戒中の警察官に県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されました。

その後、県が本人への聴き取り調査をしたところ、元教諭は去年の夏から鹿島市内の複数の商業施設で10回以上盗撮していたことが分かりました。また、勤務先の小学校でも靴の先に取り付けた小型カメラで、同僚を盗撮していたということです。

元教諭は、「県民全ての皆様の教育に対する期待と信用を裏切る行為であり、弁明のしようがありません」と話しているということです。