6月30日午前、唐津市の交差点で横断歩道を歩いて渡っていた72歳の男性がダンプカーにはねられ死亡しました。

6月30日午前11時半ごろ、唐津市神田の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた近くに住む中島泰次さん72歳が、右折してきたダンプカーにはねられました。中島さんは意識不明の重体で病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、約9時間半後に死亡しました。警察は、ダンプカーを運転していた唐津市久里の会社員、吉村宗也容疑者37歳を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。吉村容疑者は容疑を認めています。

警察は、容疑を過失運転致死に切り替えて、事故の詳しい原因を調べています。県内では2020年きのうまでに、2019年の同じ時期より10人多い22人が交通事故で死亡しています。