<甲子園>花咲徳栄、2回戦へ練習再開 相手投手の生命線…変化球への対策進める

<甲子園>花咲徳栄、2回戦へ練習再開 相手投手の生命線…変化球への対策進める

 第8日の15日に予定されている日本航空石川との2回戦を3日後に控えたチームは12日、午前9時から南港中央野球場で約2時間の練習を実施。11日の完全休養日を挟み、リフレッシュしたナインは切れのある動きで汗を流した。
 練習開始から約30分、塚原トレーニングコーチの指導の下、じっくりウオーミングアップした。球場の左翼線から右翼線までのロングダッシュやストレッチで体に刺激を与えた。塚原コーチは「大きく体を使って、しっかり汗を出すこと」と選手に伝えていた。
 その後、野手陣は右の手投げ、右スライダーのマシンの計2カ所で打ち込んだ。学生コーチ久原は「相手投手の生命線である変化球を打ち崩す狙い」と対策を進める。
 エース清水、綱脇は軽くキャッチボールして、ブルペンで投球フォームの確認を行った。清水は「手先で制球するのではなく体全体を使ってコントロールできるように」。綱脇は「力が入っても直球がシュート回転しないように」とそれぞれが課題を持って取り組んでいた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

埼玉新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索