後輩の腹蹴り川に転落させ、カラーコーン投げ付ける 容疑で大学生3人を逮捕 別の男性にも暴行か/県警

 大学1年の男性(18)に暴行を加えたなどとして、県警少年捜査課は12日までに、暴力行為法違反などの疑いで、東京都練馬区下石神井4丁目、大学4年の男(22)とさいたま市と行田市に住む大学生の男2人を逮捕、さいたま地検に送検した。
 逮捕、送検容疑は共謀して7月6日午後8時ごろ、さいたま市南区の調節池で、男性の腹部を蹴って川に転落させ、同日午後11時ごろ、同区の荒川堤防でカラーコーンを投げ付けるなどした疑い。
 大学4年の男は14〜15日に、ふじみ野市内の飲食店駐車場で、男性の顔面を殴り約4週間のけがを負わせた傷害の疑いも持たれている。
 同課によると、大学4年の男ら3人と男性は県内の同じ私立大学に通う知人で、入学当初からの嫌がらせがエスカレートした。大学4年の男は「カラーコーンを投げ付けたが体には当たっていない」、大学2年の男(20)=当時(19)=は「顔や腹を殴ったのは間違いないが、よく思い出せない部分もある」と容疑を一部否認。大学2年の少年(19)は容疑を認めているという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

埼玉新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索