公園のトイレに小型カメラ設置、女子中学生を盗撮 児童ポルノを製造した疑い、男逮捕/県警

公園のトイレに小型カメラ設置、女子中学生を盗撮 児童ポルノを製造した疑い、男逮捕/県警

 埼玉県警少年捜査課と羽生署は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、羽生市下岩瀬、会社員の男(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月6日、本庄市内の公園の女子公衆トイレに小型カメラを設置し、10代の女子中学生を撮影して児童ポルノを製造した疑い。

 同課によると、昨年5月に羽生市内の公園のトイレに小型カメラが設置されているのが見つかり、捜査を開始。カメラの販売経路などから、男が浮上した。男の自宅を捜索したところ、小型カメラ11台やカメラリモコン8台、数百人分の盗撮動画が保存されたマイクロSDカード121枚などが見つかったという。

 男は「6、7年前から盗撮は続けている」などと容疑を認めているという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

埼玉新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索