埼玉県警少年捜査課と羽生署は12日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、東京都西東京市東伏見6丁目、同市非常勤職員の男(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年6月1日午後6時ごろから同8時ごろまでの間、同市内のファミリーレストランで、知人の練馬区の男(43)=同法違反(所持)容疑で書類送検=に、児童ポルノの画像ファイル3点を保存した外付けハードディスク(HD)1台を渡した疑い。

 同課によると、男は学童クラブの職員で、知人男とは児童ポルノの愛好家仲間。インターネットで収集した画像や動画をHDを介してやりとりしていたという。

 昨年6月9日、羽生市内で「子どもの写真を撮っているような男が2人いる」と110番があり、県警が近くにいた男と知人男に職務質問したところ、スマートフォンの中に児童ポルノ動画を保存していたことが分かった。

 男は「児童ポルノを入れたHDを仲間に渡したことはあるが、逮捕事実はよく覚えていない」と否認。「(男と)ずっと2人で交換していた」などと供述しているという。