2017年9月、長男(6)の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、埼玉県の草加署は22日、傷害容疑で草加市新栄4丁目、無職の女(27)を再逮捕=暴行容疑で逮捕、起訴=した。長男は現在も意識がなく、県内の医療機関に入院している。

 再逮捕容疑は17年9月20日、自宅で当時4歳だった長男の背中を両手で突き飛ばし、頭を壁にぶつけ急性硬膜下血腫の傷害を負わせた疑い。

 同署によると、女は再逮捕容疑について「おねしょしたことを注意しても話を聞かず謝らない態度に怒りを抑えられなかった」と供述しているという。同署は日常的な虐待の有無についても調べる。

 事件当時、女は夫と実父と4人暮らし。長男は夫の連れ子だったという。同5月、長男を受診した病院から連絡を受け、児童相談所が同署に「虐待の疑いがある」と通報していた。

 同9月に今回の事件が発生し、長男が入院。その後の捜査で女は17年2月にも、長男の胸を両手で突き飛ばし床に転倒させたとして今年1月、暴行容疑で逮捕、起訴されていた。